【毛穴開き】ビニール肌に要注意!

Sponsored
美容(肌荒れ・肌断食・脱毛)

「何を使っても肌が良くならない」「敏感肌になった気がする」「乾燥しているのに皮脂でベタベタ」
このような悩みが尽きない方は、もしかしたらビニール肌が原因かもしれません。

実際にこのブログ主も、長年ビニール肌に悩まされてきました。

今回はビニール肌とはなんなのか、症状や原因、実際にビニール肌を改善させた方法について紹介していこうと思います。

ビニール肌って何?

ビニール肌とはその名の通り、肌を摩擦することによって角質層が傷つけられ、皮膚がビニールのように薄くなった状態を意味しています。

ビニール肌はバリア機能が上手く働かず刺激に敏感になり、頻繁に肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

ビニール肌の特徴

しろまるくん
しろまるくん

ビニール肌の特徴は以下の通りです。多く当てはまる方は要注意!

①肌のキメがない

健康な肌は細かいキメがありますが、ビニール肌の場合は肌のキメがありません。

キメが無いと毛穴が目立ったり、シワやたるみが出やすくなります。

②肌が赤黒い

常に摩擦や刺激を受けた状態なので、肌全体が赤黒くなってしまいました。

私の場合は摩擦の少ない目元以外が赤黒くなり、逆パンダみたいな状況になっていました…。

③洗顔後乾燥しやすい

洗顔後すぐに肌が乾燥し、喋ったり顔を動かしたりすると肌が突っ張ります。

何かをつけていないと突っ張って痛いのに、つけたらベタベタで気持ち悪いなんてこともしばしば…。泣

④ニキビや赤みが出やすい

顔を少し掻いたり髪の毛が触れただけで、ニキビができたり赤みやかゆみが出やすくなりました。

⑤過剰な皮脂が出る

洗顔後乾燥しているのですが、すぐに毛穴からキラキラとした皮脂が出ていたり、スキンケア後にベタベタテカテカした状態が続いていました。

そのため、クレンジングで毛穴の詰まりを落としても数時間後にはまた詰まってる…なんて状況が何度もありました。

⑥毛穴がよく目立つ

肌のキメがなく過剰な皮脂が出るようになると、毛穴の開きや詰まりが目立つようになりました。

ひどい時には毛穴詰まりや開きが直径1ミリ程大きくなっていました。
その時は鏡を見るのが辛かったです…。

⑦何もつけていないのに肌がピカピカしている

肌のキメがなくなった状態なので、肌がピカピカしているように見えます。

⑧敏感肌になる

化粧品や洗顔・クレンジングから刺激を受けやすく、何を使ってもかぶれや赤みが出るようになったりニキビが出るようになったりと、顔だけひどい敏感肌になってしまいました。

ビニール肌になる原因

ビニール肌になる原因は以下の原因があげられます。

  • 洗顔やクレンジングによる摩擦
  • 過剰なスキンケア
  • 生活習慣・ストレス

洗顔やクレンジングによる摩擦

皮膚の角質層はバリア機能や保湿機能があるのですが、ラップ程の薄さしか無いため、洗顔やクレンジングで肌を直接摩擦すると傷ついてしまいます。

よし子
よし子

私自身これが1番の原因と言っていいほど、毎晩肌を強く摩擦していました。汗

毛穴悩みがひどく、毛穴の詰まりを掻き出すため、オイル・ジェル・クリーム・ミルクなど様々なクレンジングを試しては何度も失敗していました。

肌荒れを隠すために化粧が濃くなり、クレンジングや洗顔の時間も長くなるという負のサイクルでした。

そのため、角質層が回復する余地を与えられていませんでした。

過剰なスキンケア

肌質によりますが、毎日のように何種類もの化粧水やクリーム、パックやピーリングなどのケアをしていると、過剰なスキンケアによって肌がダメージを受けてしまいます。

毛穴やニキビに悩んでいた頃、SNSでいろんな口コミを見ては試して失敗していました。

生活習慣・ストレス

生活習慣の乱れやストレスは肌の状態に関わってきます。

実際に大学生の頃飲み会や徹夜をすることが増えたり人間関係にストレスを感じたりするようになり、よく肌トラブルを起こすようになりました。

さらに、なかなか治らない肌荒れへのストレスも強くなり、焦りから色んなものを試しては肌を刺激し続けていました。

ビニール肌を治した方法

ビニール肌は肌を摩擦することによって角質層が傷つけられ、皮膚がビニールのように薄くなった状態になっているので、ビニール肌を治すには肌の摩擦や刺激を避けることが重要になってきます。

私がビニール肌を治した方法の詳細は以下の通りになります。

メイク

  • 石鹸で落とせる下地やファンデーション(固形)を使用する
  • メイク道具を高頻度で洗浄する
  • 擦らず肌にふわっとつける

メイクで重要なのが、成分や道具による肌への刺激を減らすことと、クレンジングの負荷を減らすことができるメイク(落としやすいメイク)をすることです。

濃くすればするほど敏感になっている肌への刺激が強くなり、後に落としづらくなります。

クレンジングや洗顔

  • 低刺激のクレンジングや洗顔を使う
  • ポイントメイクと下地でクレンジングを使い分ける
  • 肌を指で直接擦らないようにする
  • 軽い力でクレンジング・洗顔する

生活の中で1番肌を摩擦してしまう可能性があるのがクレンジングと洗顔です。

私は石鹸で落とせるメイクを使用していたので、肌の摩擦を最小限に抑えることができました。
(落としづらいアイメイクはシートで落としていました。)

スキンケア

  • 低刺激の化粧品を使う
  • シンプルケアにする
  • ピーリングや毛穴パックを止める
  • 化粧品は肌に優しくプレスするようにつける

肌が敏感になっている時は使用するスキンケアにも注意しなければいけません。

実際にシンプルケアにした時は元々使っていたものが多かった分乾燥もしましたが、肌への負担が減り徐々に赤みや脂っぽさが改善していきました。

生活習慣

  • 良質な睡眠をとる
  • 適度な運動をする
  • 食事に気をつける
  • 日焼けしない

ビニール肌はバリア機能が失われている状態なので、生活習慣の乱れや紫外線の刺激によって炎症や肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

私は大学卒業と共に生活習慣が安定し節約のため自炊も増えたので、たまにジャンクフードを食べたり夜更かししても肌トラブルを起こしにくくなりました。

ストレス

  • ストレスを溜め込まない
  • ストレスを発散するorリラックスする
  • 無理に人に会わない

私自身肌への悩みが強すぎてストレスとなり、醜形恐怖症やマスク依存症にもなりました。更には毎日鏡を見て肌が荒れていることへの焦りから強く洗顔しすぎたり濃いメイクになったりもしました。

そのため、無理に人に会うことをせず家にいてもなるべく鏡を見ないようにし、お風呂にしっかり浸かってリラックスして肌への執着を落ち着かせていました。

肌断食

よし子
よし子

個人的な意見になりますが、肌断食が一番効果アリでした。
(肌への摩擦がかなり減るので当たり前かもしれませんが…。)

ちなみに、肌断食はメリットだけでなくデメリットや注意点もあるので、こちらの記事をご覧ください。

ビニール肌が治ると…

実際にビニール肌が治ると肌にどんな変化が起こったのかご紹介します。

よし子
よし子
  • 肌の色が均一になった
  • 脂性肌が改善された
  • 毛穴が目立たなくなった
  • サラサラとした肌質になった
  • キメができ肌がふっくらした
  • 敏感肌が少し改善された
  • ニキビができても悪化しなくなった

私はこのような変化があったと感じました!
肌の見た目触り心地が大きく変わったので肌へのストレスがかなり減少しました。

この記事でご紹介した改善方法や肌に起こる変化は個人的な意見になりますが、肌荒れで本当に悩んでいる方は1度自分がビニール肌になっていないか確認してみるのも良いかもしれません!