学生時代にモラハラを受けた話

Sponsored
田舎女子大生の赤裸々ノート

初めまして、よし子と申します。

みなさんはモラハラという言葉を知っていますか?

モラハラとはモラルハラスメントの略で
モラル(道徳・倫理)に反するような精神的な暴力や言葉や態度によるハラスメント(嫌がらせ)のことを意味しています。

モラハラは様々な環境下で起こり得ますが、私の場合は学生生活の中で起こりました。

今回は、学生時代に受けたモラハラについてお話しします。

モラハラを受けるまでの流れ

出会い

私がモラハラを受けたのは部活の先輩です(以下Kさんとします)。

Kさんとは、大学で吹奏楽部に入部した直後に出会いました。

Kさんとはすぐに打ち解け仲良くなりました。
部活終わりや休日によく誘ってもらい、Kさんと仲の良いグループで高頻度で遊ぶようになりました。

最初は後輩思いのおもしろくて楽しい人だと思っていたのですが
次第にKさんとの関係に暗雲が立ち込めるようになりました…。

他の部員への強いいじりに違和感…

Kさんと過ごしていくうちに、Kさんが他人を強くいじり笑いを取る人だと感じるようになりました。

いじられキャラの部員に向かって「ブス」「○ね」という言葉をよく吐いていたのです。
(もっとひどい差別的な言葉を吐いている時もありました)

他にも、普段の会話の中で誰かがKさんに反論しても、絶対に受け入れることはなく、反論してきた相手に対して何倍もの圧で批判をするような状況をよく見るようになりました。

そんな光景を見ている自分も「いつか暴言を言われてしまうのではないか」と思い、笑って冗談まじりに暴言を注意することしかできませんでした。

しかし、私のある失態により恐れていたことが起こるのです…。

ついに自分が暴言の的に…

入部してから1年以上経った頃…
私は卒業後の進路について考えるようになり、学業やバイトに力を入れるようになりました。

私の部活は音が出せる時間や部室が使用できる時間が決められているため、授業後やバイト後に行っても間に合わないことが増え、個人練習が以前より十分にできなくなりました。

部員の優しさに甘え、活動を疎かにした自分にも責任はありますが
これをきっかけにKさんから私へのあたりが強くなったのです。

部活の集まりやKさんに誘われた飲み会に顔を出した際、毎回批判されるようになりました。

最初は私も謝っていたり、場の雰囲気を壊さないように振る舞っていましたが、そんな状況が半年ほど続き…

ある日を境に耐えられなくなりました。

集まりや飲み会が終わると泣いて帰る日々が続き、ひどい時には飲み会の途中で泣き出してしまい、他の部員に見られてしまうこともありました。

実際に言われた言葉や態度

部活の集まりや飲み会で実際に言われた言葉や態度を詳しく紹介します。

言葉

K
K
  • ブス
  • ○ね
  • お前(私)は性格が悪い
  • 人間がなってない
  • 人としてあり得ないことしてる
  • ふざけてる
  • ぶん殴るぞ!
  • 最低だな
  • 下手くそ
  • クソみたいな演奏だ

このような言葉を冗談に聞こえないような言い方で言ってくるようになっていました。
(冗談でもダメですが…)

態度

K
K
  • 自分が絶対
  • 反論したら倍で相手を批判する
  • 反論を聞く耳を持たない
  • 何をしても許されると思っている

他にも

他にも、

  • 勝手に家や実家の住所を調べられる
  • セクハラをする

などの行為もありました。

これらは1対1の状況では起こらないのですが、複数人の集まりの中で起こっていました。

私自身一回言われたくらいなら我慢できますが、この言葉や態度を半年間も続けられると、さすがにメンタルが壊れました。

自分に起こった変化

暴言を言われるようになってから、自分自身に以下の変化が起こってきました。

よし子
よし子
  • 暴言を言われると条件反射で涙が出てくる
  • 心は落ち着いていても涙が止まらなくなる
  • 泣くと過呼吸気味になり、少しパニックになる
  • 傷つきやすくなる
  • 普段から注意や指摘されただけで自分はダメな人間だと思うようになる

Kさんがいてもいなくてもこのような症状が出るようになり、かなりの頻度で過呼吸を引き起こしていました。

このままじゃまずいと感じ、友人に相談しました。

相談してから…

友人からのアドバイス

友人に相談してから、以下のことを注意するようになりました。

①無理に誘いに乗らない

普段のKさんは面白く楽しい人であることや、入部してからたくさん面倒を見てもらえたことから、誘いを受けたらなるべく参加するようにしていました。

また、誘いをよく断るような人に対して否定的なことを言っていたので、誘いを断ると嫌なことを言われると思っていました。

しかし、行けば絶対に暴言を吐かれるので、自ら無理して攻撃されに行かなくていいと言われました。(確かに…)

②距離を置く

部活動のイベントが落ち着いてから、休部のような形で距離を置きました。

幸い学業やバイトが忙しかったので、普段の生活でも会うことが無くなりました。

③人付き合いをほどほどにする

休部してからは飲み会などに行く頻度が減り、部員と関わることが少なくなりましたが、自分が素でいられるような友人が数人いたので、その友人達とだけ遊ぶようにしました。
(もちろん、他の部員に対して態度が変わると言うわけではありません!立ち話や挨拶する程度になったということです)

④ゆっくり休む

心が不安定になっていたので、きちんとした食事や睡眠をとり、心身ともにゆっくりと休みました。

一番安心できたのは…

友人のアドバイスを参考に行動することで、Kさんとは深く関わることが無くなりました。

一番安心できたのは、私の心が不安定な時に話を聞いてくれ、優しい言葉で励ましてくれた友人がいたことです。

友人のおかげで心が軽くなりました。本当に感謝しています。

結局…

結局、Kさんは他の人にもモラハラをしていたようで、複数人の部員から一気に怒られたらしく、後日私にも謝罪してくれました。

それから前のように遊ぶことは無くなりましたが、今の距離感がちょうど良く、友人のアドバイスを参考に行動することができて良かったと思っています。