【肌断食レポ】肌断食でニキビがなくなった!?10年以上ニキビ肌だった私が肌断食を試してみた

Sponsored
美容(肌荒れ・肌断食・脱毛)

肌断食はその名の通りスキンケアを一切止めることです。
肌断食は肌に元々備わっている保湿機能や再生力を回復させ、何をしなくても健康な肌状態にすることを目的としています。

では、そんな肌断食はニキビには効果的なのか?

今回は、顔中にニキビが30〜50個あったブログ主が肌断食をしてどうなったのか、肌断食とニキビの関係について紹介したいと思います!

肌断食の効果は個人差があるため参考程度にご覧下さい。

肌断食をする前のニキビの状態

口元から顎にかけて芯のある膿んだニキビ
頬に繰り返しできる跡になりやすいニキビ
フェイスラインに赤みのある痒いニキビ
おでこに細かいポツポツニキビ
眉毛に膿んだ痒いニキビ
鼻にたまにできる巨大ニキビ
顔中にプツプツした大量の白ニキビ

肌断食をする前は、このような沢山のニキビに悩まされてきました。

よし子
よし子

色んなスキンケアを試しても既存のニキビは治らないわ新しいニキビは増えるわ…。
この時は毎日鏡を見ては泣く程辛かった…。

肌断食を始めた直後

ニキビを治す方法を探すためネット検索していたら、肌断食という方法を見つけました。

いろんなスキンケア用品を試して失敗してきた私にとって最後の希望だと思い、試してみることにしました。

顔にできていたニキビの変化

肌断食をし始め、顔に元々あったニキビたちは一気に枯れていきました。
と言うよりは、顔中がガサガサになりニキビも一緒に乾燥して枯れていったという方が正しいかもしれません。汗

その後ニキビができる頻度が減り、元々あったニキビが治る前に新しいニキビができるという負のループに陥ることが無くなっていきました。

しかし!別の肌トラブルが…

よし子
よし子

ニキビは改善していったのですが、別の肌トラブルでまた悩むことに…。汗

肌断食をしたことで一時的に起こった肌トラブルは以下の通りです↓↓

肌のひどい乾燥
顔中の毛穴から固い角栓が飛び出す
肌の赤みや痒み
かぶれ

私の場合は、このような肌トラブルが1〜2ヶ月間続きました。

「そんなに肌トラブルが起こるなら肌断食やめとこうかな」と思う方もいらっしゃると思います。私自身もその間はマスクで外出したり家に引きこもっていたのでストレスも溜まっていきました。汗

さらに、肌断食は脂漏性皮膚炎を引き起こす可能性があるため、一概に全ての人にオススメできる方法ではありません。

しかし、自分の肌にあった肌断食をすることで、なんとかニキビをほぼ撲滅することができました!

肌断食の方法や注意点についてはこちらに詳しく書いてあります↓↓

肌断食半年経過!現在のニキビの状態

肌断食を始め半年が経った現在…

よし子
よし子

新しいニキビはほぼできていません!

昔ニキビを押しつぶした跡がうっすら残っていますが、新しくニキビができても芯を持たない小さなニキビができるのですぐに治ります。

また、新しくニキビができる原因はホルモンバランスによるものや衣服やマスクの擦れによるものなので、改善の余地があります。

なぜ肌断食でニキビができなくなったのか

肌断食でニキビがなくなった理由を考えてみました!

スキンケア用品の成分が合っていなかった

私は元々敏感肌で、化学成分に肌が負けてしまうことが多くありました(薬局でもらった塗り薬でただれるなど)。

そのため、スキンケアに含まれている成分の中で自分の肌に合わないものがあれば、すぐニキビができていました。

肌断食をすることで過度なスキンケアをしなくなり、化学成分に触れる機会が無くなったためニキビが無くなったと考えられます。

ニキビを直接刺激することが無くなった

今までは、スキンケア→化粧→クレンジング→洗顔→スキンケア…
という風に、1日に肌を刺激する機会が多くありました。

特にクレンジングをすることで肌に必要な皮脂まで奪ってしまったり、濃いメイクを落とそうと強く擦ってニキビを直接刺激していました。

肌断食をするとクレンジングをする必要がなく、肌を直接触る機会がほとんど無くなるので、ニキビを刺激して悪化させたり新しいニキビができなくなったと考えられます。

皮脂が過剰に出なくなった

過剰なスキンケアをしていたり肌荒れが気になって肌を刺激してしまったりすることで、皮脂が過剰に出てニキビが出やすくなっていました。

肌質も乾燥しているのに毛穴からキラキラと皮脂がでてベタついている状態で、敏感肌かつ混合肌になっていました。

肌断食で肌本来の機能が回復し、皮脂が過剰に出ることが無くなりました。

最後に

以上のような理由から、肌断食でニキビが無くなりました!

ですが、肌断食にはデメリットがあり良くなるまで期間が必要になるため、よく注意して自分の肌と相談しながら試してみるといいかもしれません!