【敏感肌の人にオススメなムダ毛処理方法は?】ムダ毛処理によって起こる肌トラブルについて

Sponsored
美容(肌荒れ・肌断食・脱毛)

はじめまして、よし子と申します。

私は物心ついた頃から体毛にコンプレックスがあり、小学校から社会人になるまでずっと悩み続けてきました。

そして、今まで様々な方法でムダ毛処理を行ってきましたが、敏感肌のため何度も肌トラブルを引き起こしてきました。

そんな経験を元に、敏感肌の私が今まで試したムダ毛処理方法のメリットデメリットオススメできる処理方法についてお話ししていこうと思います!

はじめに

私のムダ毛事情

イラストの通り、私のムダ毛の特徴は

「濃い」「太い」「長い」「多い」

というムダ毛悩みの4大要素を全て網羅していました。
(4大要素は私が勝手に作りました笑)

また、顔からつま先まで毛穴という毛穴からしっかりと生えているので、全身フサフサでしたし、うぶ毛ですら他人の体毛レベル程の濃さでした。

ここまで立派な毛が生えていると、小学校低学年の時点で自分の体毛が他人に比べて多いことに気が付き、自分の体毛が恥ずかしく「ムダ」であることに気が付きます。

ムダ毛で悩んだこと

ムダ毛で悩んだことは、以下の通りです。

  • 他人に指摘される
  • 着る服が制限される
  • ムダ毛処理に時間を取られる
  • ムダ毛処理で肌トラブルを引き起こす
  • プールや温泉に行きづらい

思春期になるにつれてムダ毛があることへの羞恥心が強くなり、悩む時間も増えていきました。

小学生の頃はムダ毛が処理できることを知らなかった上に、長袖の体操着が無かったため、体育や身体測定などで露わになるムダ毛をクラスの男子に指摘されたりコソコソと陰口を言われたのを覚えています…。

中学生になってから様々なムダ毛処理を試すようになりましたが、敏感肌だったので処理によって肌トラブルを起こし、良い方法を見つけられないまま大学生になりました。

その頃は肌を隠すため夏でも長袖を着ることが普通になっていました…。

中学生〜高校生時代の処理方法

中高生の頃に実際にしていた処理方法のメリットとデメリットを種類別に紹介します。

カミソリで剃る

メリット

  • 費用が安い
  • 家ですぐに処理できる

カミソリはドラッグストアで数百円〜千円ほどで購入できるので、中学や高校の友達の大半がカミソリで処理していたと思います。

また、気になった部分を家ですぐに剃ることができるので、手軽に処理することができます。

デメリット

  • 毛が太く見えるようになる
  • 処理後の毛がチクチク・ジョリジョリする
  • カミソリ負けする
  • 埋没毛になる
  • すぐに生えてくる

カミソリを使って毛を剃ると、毛の断面が広くなり毛が太く見えてしまいます。

また、処理した次の日には(早い時は数時間後に)毛が生えてくるため、肌がチクチク、ジョリジョリとした肌触りになります。

そして、敏感肌の人にとって特に問題になるのが肌トラブルです。

処理の頻度が高くなればなるほど、肌を痛めてカミソリ負けしてしまいます。
実際に高頻度で剃っていた太ももや腕には赤い湿疹ができてヒリヒリとした痛みや痒みが出るようになりました。

他にも、皮膚に毛が埋れてしまう埋没毛になってしまったり、毛穴が目立つようになってしまったり…。
様々なトラブルを引き起こしていました。

敏感肌の方がカミソリを使用する場合は、使う頻度やカミソリの刃の枚数、衛生面や処理後の保湿などに気を付けた方が良いと思います。

除毛クリーム

メリット

  • カミソリのようにチクチクしない
  • 一気に広範囲処理できる

除毛クリームで処理した後に生えてくる毛はカミソリのようにチクチクしません。

また、クリームを塗り規定時間放置した後に洗い流すだけで処理できるので、一気に広範囲処理できて楽です。

デメリット

  • クリームでかぶれやアレルギー反応を引き起こす

敏感肌用のクリームを数種類使用しましたが、全て肌トラブルを引き起こしました。

除毛クリームはクリームの成分で毛を溶かして処理しているので、敏感肌の人には強い刺激になります。

どんな種類のものを試しても、クリームを乗せてすぐに肌がチクチクし始め、赤い湿疹ができてしまい、クリームを取って洗い流しても長時間ヒリヒリとした痛みを感じていました。

正直に言うと、除毛クリームは敏感肌の方にはオススメできません…。

使用する場合は肌に合うか合わないか注意することが重要です。クリームを塗って少しでも異変を感じたらすぐに洗い流した方が良いと思います。

抜くタイプの脱毛器

メリット

  • なし

デメリット

  • とにかく痛い
  • 血が出る
  • 毛穴が赤く腫れる

抜くタイプの脱毛器は実際に毛を引っ張って抜くという方法なのですが、とにかく痛くて数センチ程度しか処理できませんでした!泣

肌が柔らかい状態で処理をすると痛みを感じにくいという情報を元に、お風呂上がりに保湿クリームを塗った状態で処理しても、変わらず激痛でした。

さらには毛が抜けた部分から血が出て毛穴が赤く腫れてしまいました。

正直に言うと、抜くタイプの脱毛器もオススメできません…。

この脱毛器は肌が強く痛みに強い人でないとなかなか出来ないと思います。笑

大学生〜社会人時代の処理方法

大学生になりバイトをするようになったことで、ムダ毛処理にかけるお金をつくることができ、ムダ毛の処理方法が幅広くなりました。

そんな大学生〜社会人時代の処理方法のメリットデメリットを紹介します。

家庭用フラッシュ脱毛器

メリット

  • 痛みがない
  • 毛が薄くなる
  • 肌への負担が少ない

光を当てて毛を薄くする方法なので、痛みがほぼありません。

私は口コミが多かったフラッシュ脱毛器をネットで購入しましたが、当てる光の強さを変えられることや、家の中で空いた時間にできるので、脚や腕はこの方法でかなり薄くなり生える量も少なくなりました!

デメリット

  • 値段が高い
  • 一人で全身できない
  • 時間がかかる
  • 継続してやらないと効果が薄れる

まず、フラッシュやなどのレーザー脱毛器は数万円〜十数万円の値段なので、なかなか簡単に手が出せるものではありません。

また、全て自分ですることになるため光をうまく当てられないと脱毛効果にムラがあったり、時間がかかったりしてしまいます。

背中などの届かない部分は人に手伝ってもらわなければならないので、全身脱毛をしたい人には難しい部分があります。

強いて言うなら専用のサングラスをかけるので、見た目が面白いです。笑

脱毛サロン

メリット

  • 全身脱毛できる
  • 痛みが少ない
  • 脱毛効果が高い
  • 肌のケアをしてもらえる

社会人になり、近場の脱毛サロンに行くようになりました。

サロンでは家庭用脱毛器で当てられなかった所を脱毛してもらっているのですが、かなり効果を感じています!

専門の方にやっていただくので体の隅々までぬかりなく脱毛でき、敏感肌でも痛みを感じることがなく(デリケート以外)、毛が薄く生えるスピードが一気に遅くなりました。

デメリット

  • 値段が高い
  • 予約が取りづらい

サロンやクリニックで脱毛すると20万〜30万円程の費用がかかるため、負担が大きいです。

サロンやクリニックごとに分割払いやキャンペーン、学生プランなどがあるので、口コミなどを調べてみると良いと思います。

また、予約が取りづらいサロンもあるようなので、その点も注意して選ぶと良いと思います。

お金はそれなりにかかりますが、本当に悩んでいる方脱毛サロンや医療脱毛がオススメです!

※未成年の場合は親の同意書が必要になります。

敏感肌の人にオススメなムダ毛処理方法は?

肌への負担や効果を考えると、オススメできる方法は以下の2つが上げられます。

  • 家庭用フラッシュ脱毛器
  • 脱毛サロン・クリニック

お金をかけたくないけどカミソリを使うと肌荒れしちゃう…

毛が気になるけどカミソリを使うと肌荒れしてしまう…。

そんな場合は、電気シェーバーがオススメです!

私はかなりの敏感肌なので、顔用のシェーバーを全身に使っていますが、一度も荒れたことがありません。

顔用でなくても、電気シェーバーは1000〜3000円程度で売っているので、1本買ってみると良いと思います!

自分に合った処理方法でツルツルボディーを目指しましょう!