恋人の影響でプチミニマリストになって感じたこと

Sponsored
暮らし

皆さんは“ミニマリスト”という言葉を知っていますか?

このブログの筆者である私(よし子)は恋人の影響によりプチミニマリストになり、シンプルな暮らしをするようになりました。

今回はミニマリストとは何なのか、実践して何がどう変わったのか、実体験を元にご紹介したいと思います!

ミニマリストとは??

ミニマリストとは、自分にとって不要な持ち物を積極的に捨て、必要最少限の持ち物だけで暮らす人のことを指します。

筆者がミニマリストになるまでは?

よし子
よし子

思い出のあるものやプレゼントは取っておきたい!

私は元々旅行先で購入した物のレシートや、美術館や映画館のチケット、思い出に残るようなものを全て残さず取っておくタイプでした。

ひどい時には、初めて行ったテーマパークのレストランの紙ナプキンを数枚持ち帰り、自宅で保管していました…。汗

また、人からもらった誕生日プレゼントも使わずに持っていたり、部屋には服装を決めるのに悩んで脱いだ洋服が散乱していたり、何個もあるスキンケア用品を机の上に並べたまま放置していたり、時折雪崩が起きるほど自分の部屋がもので溢れかえっていました。

さらには、昔からオタク気質が強く、好きなアーティストやアイドルのグッズを長年に渡りコレクションし続け、収納もいっぱいいっぱいになっていました。

転機

よし子
よし子

部屋がもので溢れ返って収集がつかなくなってる…。

こんな収集癖があり片付け癖の無い私が、私の性質と正反対であるミニマリストになるきっかけは…恋人でした。

彼とは社会人になってから付き合ったのですが、元々綺麗好きらしく、ものをすぐに捨てるタイプでした。そんな彼と同棲をすることになり、部屋が狭くなるからとベッドを捨てたことが彼のミニマリストの始まりでした。

彼は自分の持ち物を必要最少限に抑え、不必要なものを積極的に捨てることで、気持ちが落ち着くことに気がついたらしく、それ以降こたつやテレビ台・洋服などをバンバン捨てていきました。

そんな彼に反し、同棲するにあたり沢山のものを持ってきていた私は、ミニマリストの暮らしを間近で体感するようになり、あることに気が付きました。

それは…

ミニマリストはめんどくさがりな私にぴったり!

ということです。

元々優柔不断でめんどくさがりな私にとって、ミニマリストのようなシンプルな暮らしが合っているのではないかと考えに至ったのです。

そこで、彼やミニマリストの方のブログに習い、自分なりに持ち物の整理をし始めました。

自分なりにミニマリストになる

ミニマリストについて色々調べた後、100%何から何までミニマリストになろうとせず、自分なりのやり方でプチミニマリストになろう!と考え、以下のルールを決めました。

思い出深いものは全て捨てない

写真を見返すことが好きなので、卒業アルバムや部活のアルバムは残しています。また、好きなアーティストのサインも残しています。

それ以外の人から貰ったプレゼントで使わなかった・今後も使わないであろうものや、旅先で買ったお土産などは捨てています。

1買い1捨て

新しいものを1つ買うときは、古いものを1つ捨てるようにして、ものが増え続けない仕組みをつくります。

特に下着や洋服は知らない間に増えていることが多いので注意しています。

洋服は1シーズンに3〜4通り

元々シンプルな洋服が好きだったこともあり、何度も着回しできそうな無地の洋服を買い、元々持っていた服は全て売りました。

シンプルかつ機能的なデザインだと季節感問わず着られるので、めんどくさがりな私にはぴったりでした。

冬はアウターだけオシャレなものを1つ買ったり、機能性やデザインに優れた靴を買うなど自分なりにオシャレを楽しんでいます。

スキンケア用品は1つずつ

めんどくさがりかつ肌が弱い私は複数のものを使用せず、肌・髪・爪それぞれ1つずつスキンケア用品を使用しています。

スキンケア用品の詳細は別の記事で紹介しようと思います。

好きなアーティストやアイドルの曲はスマホアプリで聴く

CDをコレクションすることに必死になっていましたが、結局YouTubeやSpotifyなどのスマホアプリで聴くことがほとんどだったので、コレクションすることをやめました。

売れるものは売る

フリマアプリやリサイクルショップで売れそうなものは売っちゃいます!
ものが減る上にお小遣い稼ぎにもなるので、ものを捨てる時はまず売れるかどうかを考えるようにしています。

実際に「いつか誰かが着るかも…」と十数年ため込んでいた洋服をフリマアプリやリサイクルショップで売り、総額1万円ほどお小遣い稼ぎできました!
(物凄い量でした…笑)

プチミニマリストになって感じたこと

節約になる

必要最少限のものだけで生活するようになると物欲が無くなり、結果的に節約できるようになりました。

私は外食が好きなので、ものに使っていたお金を食費に少しまわすことができるのが嬉しいです。笑

ストレスが減る

部屋の中がスッキリしていると心もスッキリします。また、生活の軌道が広く取りやすくスムーズに動けることでストレスが減りました。

時短になる

朝服装を決める時間や、スキンケア・メイクにかかる時間が短縮され、ブログ作成やイラストを描く時間に当てられるようになりました。

綺麗な部屋を保てる

ものが少ないと、落ちているゴミやほこりに気が付きやすく、掃除もしやすいので綺麗な部屋を保てるようになりました。

最後に

今はまだプチミニマリストになってから数ヶ月しか経っていないので、これから自分の気質に合った生活が送れるよう、ものを取捨選択しながら、何が自分にとって必要なものなのか見極めていきたいと思います!

暮らし
Sponsored
ポンコツが通ります。