【マスク依存症の悩み】マスクが引き起こす肌荒れ 原因や対処法は?

Sponsored
美容(肌荒れ・肌断食・脱毛)

高校生の時、肌荒れを隠すためにマスクをつけ続け「マスク依存症」になりました。

家にいる時以外ずっとマスクをつける生活を繰り返していると、様々な肌トラブルに悩まされるようになりました。

肌荒れを隠すためにマスクをしているのにも関わらず、余計に肌荒れしてしまったのです!

今回はそんなマスク依存症の方や仕事柄毎日マスクをつける方がよく悩まされる、マスクによる肌荒れの原因や対処法についてお話しようと思います!

マスクによる肌荒れとその原因

マスクに触れた部分がかぶれる

マスク依存症になって間もなく、マスクが肌に触れていた部分に列をなすように赤い湿疹ができてかぶれてしまいました。

これは、不繊布のマスクの化学繊維が肌に合わなかったり、喋ったりマスクを動かしたりする時の摩擦によって肌がかぶれてしまったと考えられます。また、マスクについている抗菌剤にもアレルギーがでることがあるらしいです!

新しいニキビをつくる・ニキビを悪化させる

マスクをつけ続けていると、ニキビの治りが遅くなったり、高頻度でニキビができるようになりました。

これは、1日中同じマスクを外さずにいると、マスクの中が蒸れ状態が続きマスクに飛んだ唾液による雑菌が繁殖しやすくなるため、新しいニキビをつくる原因になったり、状態を悪化させたと考えられます。

乾燥肌、敏感肌になった

マスクを外す度に赤みやかゆみがでて、肌がカサカサになりました。

これは、マスクの中は湿度が高く肌がベタついているので、外した瞬間に肌が乾燥してしまい、すぐに赤みやかゆみがでていたのだと考えられます。

我慢できれば良いものの、掻いてしまって肌荒れがひどくなることもありました。

マスクで肌荒れした時の対処法

マスク依存症だった私は、先程説明したようなかぶれや肌荒れを繰り返し、その度に様々な対処法をとっていました。

その中で効果があったものについて紹介していきます!

肌荒れ後の対処法

マスクをつけて肌荒れしてしまった時は…

皮膚科にいく

ひどくかぶれた時は皮膚科に行きました。保湿剤を処方されすぐに治りました。時間に余裕がある時は皮膚科に相談してみたら良いと思います!

とにかく保湿

皮膚科に行く余裕がない時は、敏感肌用の保湿クリームなどでいつも以上にしっかりと保湿し、かぶれた部分の炎症をおさえていました。

刺激の少ない肌に合う方法で保湿すると良いと思います。私は数日でかぶれた部分の皮がめくれて治りました。

肌摩擦を避ける

肌荒れを悪化させないためには摩擦を避けなければいけません。

マスクを外せるのならなるべくマスクを外す、化粧やクレンジングでの摩擦を最低限にする、予定がない場合は化粧をしないと良いと思います。

休日に化粧をせず肌を休めた時ほど治りが早かったです。

ガーゼ素材のマスクにする

どうしてもマスクをしなければならない人は、自分の肌に合うマスクを探すと良いです。一般的に化学繊維が使われている不繊布ではなく、ガーゼ素材のマスクが肌に良いとされています。

ただ、ガーゼマスクも正しい洗い方をしなければ肌荒れの原因になりかねないので、取り扱い方には注意が必要です!

肌荒れが心配な時の対処法(マスクをつける前)

マスクをつけたいけど肌荒れが心配な時は…

普段から肌を保湿しておく

肌が薄くガサガサに乾燥していると刺激を感じやすく、マスクをつけるとすぐに赤みがでていました。

そのため、常に肌が保湿された状態にしておくことが良いと思います!

現在はワセリンで肌をカバーしてからからマスクをつけています!

自分の肌や顔の大きさに合うマスクを探す

先程も書きましたが、自分の肌に合うマスクを探すのはめちゃくちゃ大事です。

また、サイズが合わないと摩擦や耳の痛みの原因になるので、毎日のようにマスクをつける人は肌や顔の大きさを考えてマスクを探すと良いかもしれません。

マスクをこまめに変える

これがわりと効果ありました!

不繊布のマスクの時は、なるべく雑菌を増やさないように昼食後に歯磨きをし、新しいマスクにつけ変えるようにするとかなりかぶれが改善されました。

最後に

マスクで肌荒れする原因は人それぞれなので、今回紹介した原因や対処法が全ての人に当てはまるとは言えませんが、参考程度に見ていただけると嬉しいです。

今後、マスク依存症を克服した方法についてもお話しようと思います!