【マスク依存症あるある】お昼ごはん編

Sponsored
美容(肌荒れ・肌断食・脱毛)

以前の記事でも書いたのですが、私はマスク依存症でした。
(記事はこちらからご覧いただけます。)

とにかく肌荒れを見せたくない一心でどんな時もマスクを外さずに行動していましたが、唯一マスクを外さなければならない時があったのです。それは…

お昼ごはん!

そうです。
みんなが楽しみにしているお昼ごはん…
それは、私にとって「肌をどう見せずにごはんを食べるか」という戦いでした。

今回は、マスク依存症だった時のお昼ごはんの様子について紹介したいと思います。

誰もいない空き教室で食べる

マスク依存症のお昼ごはんは、このパターン一番多かったです。
誰もいない次の授業でも使われない教室で食べることで、友達以外に見られる心配がないのが大きかったです。

また、肌悩みを理解してくれ、打ち解けられる友達がいたことで楽しくごはんを食べることができました…。ありがとう、友達…。

肌荒れがひどい時はマスクを上にずらして食べる

肌荒れがひどい時はイラストのようにお昼ごはんを食べていました!笑

案の定呼吸がし辛く集中してごはんを食べられなかったので、すぐにこの食べ方はやめましたが…
コンプレックスが強くなりすぎると肌を見られたくない一心で行動してしまうんですよね。汗

食べ終わったらトイレで肌チェック

マスクをしているので他の人に見られる心配はないのですが、
「肌が少しでも良くなってないかな?」
「肌荒れがひどくなってないかな?」
と不安になって見ては悩んでを繰り返していました。

現在はマスク依存症を克服できましたが、たまに肌荒れを隠すためにマスクをつけることがあるので、風邪の時にしか出番がなくなるよう肌悩みゼロを目指して頑張りたいと思います!