【HSC時代の特徴】静かに遊びたい!HSC時代の遊び方

Sponsored
HSC

前回の内容はこちらです。

HSC時代の遊び方

1人で静かに遊ぶことが好きだったので、保育園も小学校も休み時間は教室で絵を描いていることが多かったです。

苦手だった遊び

当時はドッヂボールやサッカーなどの大人数で行う勝敗がつく遊びが苦手でした。

その理由は、そこまで運動神経が良い訳では無かったのでチームに迷惑を掛けてしまうんじゃないかと感じたからです。また、負けず嫌いな面もあったので勝負事には最初から積極的に参加しないようにしていました。

たまに友達が誘ってくれた時は中々断れないので、サッカーはボールを追いかけている子を追いかけ、ボールに触らないようにやり過ごし、ドッヂボールは最初から外野のボール受け渡し役として参加していました。ずる賢い。笑

優しい子が多くよく誘ってくれていました。ありがたや…。

当時好きだった遊び

突然ですが、ここで私が当時好きだった遊びを3つ紹介します。

人がいない時の1人一輪車

小学校の時は一輪車への憧れが強かったのですが、人がいる時は良い一輪車が無くなってしまうし自分の下手さを見られてしまうので、人がいない時限定で一輪車をしていました。

自然観賞

これは本当によくやっていました。

家に帰るまでの道にある川や公園で植物や魚、昆虫を観察していました。

当時はよく昆虫を家に持って帰って育てていましたね…。今では考えられません。(今は昆虫触れません汗)

家でお人形遊び

当時1番仲良くしてくれていた友達と家でお人形遊びをしていました。

なぜあんなにハマっていたのかは思い出せませんが、小学校低学年の時までよく遊んでいました。争いのない遊びなので落ち着いていたのかもしれません…。

あとがき

全てのHSCに当てはまる訳ではありませんが、落ち着いた遊びを好むのもHSCに多いと言われています。

自分の中で楽しいと思えることを出来るような環境があって良かったなぁ…と思います。

HSC
Sponsored
ポンコツが通ります。